爪水虫の市販薬ならコチラ

爪水虫は水虫が爪にできる病気で、実はあるデータによると日本では約1200万人、
つまり人口の10%ほどの人が爪水虫に感染しているとのことです。
もしかすると、自分は大丈夫と思っている人が爪水虫に感染しているかもしれません。

 

爪水虫の症状

爪水虫に感染するのは爪が主ですが、手や踵に感染することもあるようです。
爪水虫の症状は、多く見られるのが足の親指の爪ですが、爪が分厚くなり、爪の色が白、あるいは黄色くなります。

 

同時に、爪の表面が脆くなりボロボロと欠けてしまいます。
その時には爪に筋ができるので、爪に筋が入り変形していたら爪水虫の疑いありです。
通常は痒みがほとんどなく、痛みもないのですが、症状が進むと痛みを感じることがあります。

 

 

爪水虫を放置すると・・・

爪水虫も初期だと痒いとか痛いとかという自覚症状が乏しいので、ついそのままにしがちでしょう。
これが落とし穴で、爪水虫の原因菌である白癬菌は、高温多湿で分泌物がある環境だと、
確実に繁殖し、やがて症状が悪化します。
つまりそのままでは絶対に自然には治らないのです。

 

それどころか、白癬菌は間接感染力が強いので、たとえば家族などで風呂場の足拭きマットを共用したり、
素足でスリッパを共用すると、たちまち他人に感染します。
また、感染しなくても、日常生活で不衛生な環境や足をきちんと洗わないなどという場合は、
そこにいる白癬菌が感染します。
そして、重度になると、歩行の際などに痛みを感じるようになります。

 

 

爪水虫を軽視は危険

爪水虫は感染したからすぐに身体に異変が起きるということはありません。
しかし決して自然治癒したりすることはなく、必ず悪い方向へ進行します。
自分の足の爪が痛いのを我慢していても、そうなると原因菌の白癬菌を他人に感染させるリスクも増えます。

 

また、治療には内服薬を使用しますが、この薬は肝機能に良くない場合がありますし、
糖尿病などの持病があると、悪化する危険性があります。
したがって、爪水虫をたかが爪の水虫だと軽視することは危険だと申し上げます。
爪水虫はきちんと皮膚科で治療しなければなりません。

 

爪水虫の感染経路は?

爪水虫の要因は白癬菌です。
ここでは、その白癬菌の感染経路を紹介していきます。

 

基本的には水虫が原因

爪水虫以前に水虫になる事が多いです。ですから、まずは水虫を防ぐことが大事です。

 

要因である白癬菌はかなり強い菌です。
白癬菌が付いた角質が残っていれば、最長で1年程度はそこに潜み続けるようです。

 

そして、それに接触しただけでも菌が付いてしまう可能性があります。

 

また、皮膚が菌に感染してしまうと、
実際に症状が出るまでに(つまり潜伏期間として)5年前後要する事もあるそうです。

 

家の中が主な感染経路

普通外出中はほぼ裸足になりませんから、外で白癬菌に感染する事はあまりありません。

 

また、白癬菌は死んだ細胞に住んでいますので、
垢などが付いているケースにのみ問題となります。
ですから、靴や靴下は直接は関係しません。

 

さて、家の中での主な感染経路は以下の通りです。

 

爪切りの使い回し

爪切りを使い回すと、家族の人の白癬菌に、
その人の爪や垢を通して感染してしまう可能性があります。

 

ですから、爪水虫の疑いがある人は別の爪切りを使いましょう。

 

スリッパ

スリッパも爪切りと同じ理由で感染経路となります。

 

室内用、ベランダ用、トイレ用等、それぞれ分けて履くように心がけましょう。

 

トイレマット・お風呂のマット

これも同様の理由です。

 

可能な限り共有しないようにして、頻繁に洗濯したり天日干しをしたりして
滅菌するようにしましょう。

 

当人の意識が重要

周りの人がどれだけ気を付けても、当人が無頓着なのでは意味がありません。

 

少しでも疑わしいのであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。
また、患部はもちろん、他の部分も常に綺麗にして乾燥させて、
菌の繁殖をブロックするようにして下さい。

 

もちろん、ここまで紹介してきたような事項に当人も目を向けるようにして下さい。
爪水虫の市販薬 治療

更新履歴